説明会を開催すると、こんなことが起きます。

サイト上で説明会開催日当日の朝になると定員満席だったものが、

キャンセルが相次ぎ定員割れになっています。

そこまでは、一応前日とはいえキャンセルをしているから良いでしょう。

但し、この学生は、恐らく志望度も低いので採用されません。

次に、説明会が始まる時です。

開場の時間を示しているのにも関わらず、大幅に前に来る学生がいます。

正直、早く来るのは熱心さのアピールにはなりません。

それどころか、直前の準備で忙しい中、他の方々の邪魔にならないよう

これらの学生の面倒も見なければならずかえって迷惑です。

開場時間を過ぎてから来るようにしましょう。

説明会開始時間になりました。

申し込んだにもかかわらず無断で来ない学生が多いことに驚かされます。

来なかった時点でその学生が当該企業に採用されることはまずありません。

それどころか、そのような学生は他社に行ったとしてもなかなか採用はされないでしょう。

何故なら一般常識としての振る舞いが出来ていないからです。

最後に、説明会が始まってから遅刻してくる学生です。

遅刻もよほどの事情が無い限りアウトです。

もし本気で志望しているのなら遅刻などするわけがないからです。

中には、電車遅延とウソの電話をして遅れると言ってくる学生もいます。

今や、ネットでどこの路線が遅延かもすぐに調べられます。

そんなウソは企業の採用担当はお見通しなのです。

本気で志望しているならば、時間を守るのは当たり前のことです。

最低限ここが出来ていないようなら内定の道は遠いでしょう。