年末に近づくにつれて買い物客が多くなります。

毎年の光景ではありますがどうしてなのでしょう。

多くの人はあまり変わらない日常なはずなのに、

購買意欲が高まるのでしょう?

もちろん売り手があの手この手で販促をするのはありますが

それに年の瀬という言葉やもうすぐお正月というムードに

感情が揺り動かされているのかなという気がします。

年末だからといって食べる量が増える訳でもないのに

食料品売り場(スーパー)の人出が倍くらいなっています。

人は感情の生き物と私はよく話をさせて頂いています。

やはり、人を動かすには論理だけでなく感情も必要なのです。

そこで重要なのがコミュニケーションなのですね。