あなたの「おもい」が「できる」に「かわる」

目的達成コンサルタントの本間俊之です。

 

有名人が病に伏すとそれがきっかけでその病気のことが知られるようになる。

それは一つ大きな役割を果たしているかもしれない。

一方で、難病と言われるような数万、数十万人に数人というような病気は

知らない人の方が多いため、本当に困っている人との向き合い方が出来ていない。

一昨日も、朝日新聞の記事にもあったが、

特に、学校で先生に説明をしてもきちんとした対応をしてくれないこともまだまだ多いようだ。

これは先生が知らないのではなく、知ろうとしないから起こること。

子供にとっては非常につらいものだ。

世の中には知らないことが沢山ある。

知らないことが悪いのではない。知ろうとしないことが悪いのだ。