あなたの「おもい」を「できる」に「かえる」

目的達成コンサルタントの本間俊之です。

 

覆面リサーチボス潜入

最近あまりテレビは見ないけれど

これは結構お気に入り。

毎回、有名企業の経営者(多くは取締役)が変装して現場に潜入して

自社の課題を探すという一人覆面調査。

そこで従業員からよく出てくる言葉は

「提案したけど上司に却下された」

ダメダメな提案なら仕方がないけど、

そこでの話は大体、番組後に採用される予定になっている。

どうしてこのようなことが起こるのか。

新しいことをすることを良しとしない風土や

失敗したときのことを考える保守的な思考が

多くの企業でいかに蔓延しているかだ。

何かをするには当然リスクもある。

それをいかに乗り越えられるかを考え、実行する

それが仕事ではないだろうか。

 

この番組を見ていて気がかりなことがもう一つ。

最後に、覆面調査のネタバラシをして、そこで見つけた課題について

「検討することにしました」と言っていることだ。

経営者が、課題を見つけたのだから

なぜ、「検討」ではなく「実行する」と言えないのだろうか。

これが本当の課題かもしれない。