あなたの「おもい」が「できる」に「かわる」

目的達成コンサルタントの本間俊之です。

 

あるトラブルが起きました。

その前に予兆があったのですが、

それに気づいた人はその事実だけを伝えました。

実際に起こってしまった後に、

それを解決するのを手伝ってくれた人に話を聞くと

実は、予兆があった際に取っておくべき手段があることが分かりました。

恐らく、予兆に気づいた人も分かっていたはずです。

事実を伝えることは必要ですが、プラスαが出来るかどうか。

そこから信用につながってくるのです。